FC2ブログ

障害者アートという取り組み

障害者施策は社会保障の中では、優先順位の高い施策だと考えています。しかし、障害者施策にも政策評価は必要でより必要な方々に、より有効な予算が行き渡るように、限られた財源を使わなければならないと考えております。

そんななかで、
私は障害者アートという分野に興味があります。

はじめて興味を持ったのは、宮城まりさんのねむの木学園のことを知った時です。
もう10年近く前のことだと思います。

ねむの木学園の展覧会では、多くの作品に心を奪われました。
純朴で、清々しい作品に心がほぐされた感覚を持ちました。

その時購入させていただいた作品(つとむ君作)が、今も自宅のリビングに飾られています。

障害者アート2

その後、滋賀県のボーダレスアートミュージアムNOMA
http://www.no-ma.jp
へインターンを連れて視察に行ったり
(滋賀県は障害者アートの歴史が長く、その取り組みも大変進んでいるのです)

亀岡市にある、みずのき美術館
http://www.mizunoki-museum.org
へ視察に行ったりしながら、

本市における障害者アートの可能性を模索しておりました。

また議会でも、平成22年の3月5日定例会や
平成25年12月6日定例会
で質問しています。

議事録検索はこちらでお願いします。
http://www.kensakusystem.jp/ibaraki/index.html

要は、障害者の方々の才能を積極的に評価したいということです。

この障害者アートは、障害者の作品の質が問われる側面もあり様々な議論がなされてもおりますが
障害者の表現に、単純に心打たれた者の一人として、大切に取り組みたいと思っていました。

また、ヨーロッパででもその作品が評価されたことが報道されていたことを知り(2012年の下記の記事が印象に残っていました)、いよいよ日本でも取り組みが進んで来るだろうと数年前から見守っていたところです。

「欧州で話題をさらう日本の障害者アート 2012.2.22」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34527


滋賀県立美術館の建て替えに伴って、たしか滋賀県はその歴史的な取り組みを生かして、障害者アートを柱の一つに置くということもどこかで聞いたことがあります。また、滋賀県は特徴的なアール・ブリュット推進事業を進めているようです。

滋賀県ホームページ
http://www.pref.shiga.lg.jp/a/kikaku/art-brut/artbrut-hassin.html



そうこう思っていたら、昨日の読売新聞の記事に障害者アートへの取り組みが載っていたので喜んでいました。
障害者アート

この記事によると、議連ができるていて
障害者文化芸術活動推進法案
の成立を目指しているとのこと。

立法化をすればいいと単純に思っっているわけではないですが、
障害者アートという分野が、社会のなかで一つの価値として認めれれていくことは歓迎したいと思っています。

本市においても、現実の難しい課題も受け止めつつ障害者アートの可能性を模索していきます。
スポンサーサイト



びわ湖ホール/ル・ヴォルカン国立舞台/ダムタイプオフィス 共同制作 高谷史郎《ST//LL》

なん年ぶりだろうか。びわ湖ホールにやってきた。高谷史郎さんの舞台だ。抽象的で、洗練されていて、断片的で、モダンな舞台だった。ただ、背景には「神話」が横たわっており、天の岩戸開きやアイヌ言葉など日本文化の古層が表出するところが面白かったです。

still


高谷さんの作品紹介の言葉を引用します。

『「SR/LL(still)」は、「静寂」「静止した」「静止画=写真」といった意味で、「時間」と「空間」について、今、私達が認識している「時間」や「空間」と違う世界があるのか(5次元以上の世界?)、科学的に、あるいは詩的に、試行錯誤を重ねつつ、今回が初参加の鶴田真由さん、それから《ST//LL》のコンセプトを深く理解し美しい楽曲を提供してくれた坂本龍一さんを迎えて、プロジェクトに参加してくれたいつものチーム・メンバーと共に様々なアイディアをシェアしてきました。現在信じている科学も、何百年後の未来にはそれがまったく違うかもしれない、その意味において科学も神話のようなものである・・・ 私たちの認識を超えた「時間」や「空間」についての考察です。

パンフレットに記載された作品紹介文には以下のように書かれています。

ST//LL
Still: between moments
微分としての時間表現
物語の時間ではなく、動きの前後にある無限の時間について
私たちの世界を構成している電子のふるまいは、我々の時間と空間の概念を超えているという
虚構の時間に落ちる本物の影
現実の空間に落ちる虚構の影
絶妙なバランスで成り立っている砂粒で出来たこの世界、ちょっとして変化で全てが崩される
アートとサイエンスはそうした世界の成り立ちを記述することが可能なのか

ふむふむ。

『私達の認識を超えた「時間」や「空間」についての考察です。』
『私たちの世界を構成している電子のふるまいは、我々の時間と空間の概念を超えているという』

そこで、私が林英臣師匠から学んだ「大和言葉の世界観」に繋がる訳です。

大和言葉では、時間・空間はいずれも「マ」という音で同時に表します。
「間に合う」「束の間」といったら時間。「居間」「広間」「間合い」といったら空間。
時間も空間も「マ」の音で表すのです。

これが古代人の宇宙観・思想哲学と呼んでもいいものです。
そして、大和言葉から見える世界観、宇宙観は。

またの機会に記したいと思います。


D&DEPARTMENT 大阪 出版記念パーティーに参加しました♪

こんばんは。上田ミツオです。
 
一昨日の金曜日の晩のこと、
大阪の
 
イメージ 2
 
にて、出版記念パーティとナガオカケンメイさんと金馬由佳(Meet Regional編集長)との
トークイベントに参加してきました。
 
イメージ 1
 
東京でも九州でもなく、大阪的デザインって何?
大阪の人たちの気風はどうで、どういうライフワークで生きているの?
 
二人のトークから
 
普段の生活の中で忘れられていく生活の中に
僕たちのデザインがあり
それらを引き継いでいってこそ街が豊かになると感じました。
(うーん、うまくいえない・・)
 
要は、使い捨てより、物を大切に使っていくことの価値に気づく
とか、
消費されて忘れてしまった、いいものを見つめなおそうという感じです。
(これってD&Dで行われていることです。正に、ハイ)
 
 
 

梅佳代写真展「ウメップ」 シャッターチャンス祭り in うめかよひるず

こんばんは。上田ミツオです。
 
今日は、一昨日東京へ研修に行った折、立ち寄った展覧会を紹介します。
 
皆さんもご存知のように、梅佳代さんという超自然体の若手写真家さんの展覧会です。
その名前は
梅佳代写真展「ウメップ」 シャッターチャンス祭り in うめかよひるず
でした。
表参道ヒルズで開催されていました。
 

 
そこの会場前の地面に貼り付けられていた梅佳代さんの広告に
それは、すべてを肯定する力である。
と書かれた文章を見て・・・・・
ジーーーーンと胸にこみ上げてきました、何かが。
 
梅佳代さんの写真は、本当にうれしくなります!!
 

上賀茂神社に現代アートが。。

こんばんは。上田ミツオです。
 
今日午前中京都へいく用事があって
帰りの道中に久しぶりに上賀茂神社へ寄ってみたら、
境内へ入る前の芝生広場に面白いものが。。
 
なんか現代アートがおいてありました。
現代アートが置いてあることで新しい空間になっていました。
 
 
 

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mitsuo383

Author:mitsuo383
茨木市議会議員。
4期。

林英臣政経塾 塾頭

自民党茨木市支部幹事長

1971年4月11日生。
亥年。
AB型。
おひつじ座。
男。

twitter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR