FC2ブログ

茨木市の環境衛生センターへ施設見学に行きました



本日茨木市環境衛生センターへ施設見学に行きました。
27万人の茨木市民のごみを処理しているのがこの高温溶融炉です。
平成20年ベースで年11.2万トンを処分しているそうです。
高温溶融炉の特徴は、すべてのごみを高温で溶かすことで最終の廃棄物が少ないということです。
溶融した後に出てくるものが、鉄とスラグと残渣でし。
そして鉄とスラグはリサイクルされ重機の部品や舗装材料などになるそうです。

写真は環境衛生センター長から説明を受けているところです。
下の写真は溶融炉から出てきている溶融物です。1時間に1回1トンくらいのものが出てきます。
スポンサーサイト



カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mitsuo383

Author:mitsuo383
茨木市議会議員。
4期。

林英臣政経塾 塾頭

自民党茨木市支部幹事長

1971年4月11日生。
亥年。
AB型。
おひつじ座。
男。

twitter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR