FC2ブログ

障害者アートという取り組み

障害者施策は社会保障の中では、優先順位の高い施策だと考えています。しかし、障害者施策にも政策評価は必要でより必要な方々に、より有効な予算が行き渡るように、限られた財源を使わなければならないと考えております。

そんななかで、
私は障害者アートという分野に興味があります。

はじめて興味を持ったのは、宮城まりさんのねむの木学園のことを知った時です。
もう10年近く前のことだと思います。

ねむの木学園の展覧会では、多くの作品に心を奪われました。
純朴で、清々しい作品に心がほぐされた感覚を持ちました。

その時購入させていただいた作品(つとむ君作)が、今も自宅のリビングに飾られています。

障害者アート2

その後、滋賀県のボーダレスアートミュージアムNOMA
http://www.no-ma.jp
へインターンを連れて視察に行ったり
(滋賀県は障害者アートの歴史が長く、その取り組みも大変進んでいるのです)

亀岡市にある、みずのき美術館
http://www.mizunoki-museum.org
へ視察に行ったりしながら、

本市における障害者アートの可能性を模索しておりました。

また議会でも、平成22年の3月5日定例会や
平成25年12月6日定例会
で質問しています。

議事録検索はこちらでお願いします。
http://www.kensakusystem.jp/ibaraki/index.html

要は、障害者の方々の才能を積極的に評価したいということです。

この障害者アートは、障害者の作品の質が問われる側面もあり様々な議論がなされてもおりますが
障害者の表現に、単純に心打たれた者の一人として、大切に取り組みたいと思っていました。

また、ヨーロッパででもその作品が評価されたことが報道されていたことを知り(2012年の下記の記事が印象に残っていました)、いよいよ日本でも取り組みが進んで来るだろうと数年前から見守っていたところです。

「欧州で話題をさらう日本の障害者アート 2012.2.22」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34527


滋賀県立美術館の建て替えに伴って、たしか滋賀県はその歴史的な取り組みを生かして、障害者アートを柱の一つに置くということもどこかで聞いたことがあります。また、滋賀県は特徴的なアール・ブリュット推進事業を進めているようです。

滋賀県ホームページ
http://www.pref.shiga.lg.jp/a/kikaku/art-brut/artbrut-hassin.html



そうこう思っていたら、昨日の読売新聞の記事に障害者アートへの取り組みが載っていたので喜んでいました。
障害者アート

この記事によると、議連ができるていて
障害者文化芸術活動推進法案
の成立を目指しているとのこと。

立法化をすればいいと単純に思っっているわけではないですが、
障害者アートという分野が、社会のなかで一つの価値として認めれれていくことは歓迎したいと思っています。

本市においても、現実の難しい課題も受け止めつつ障害者アートの可能性を模索していきます。
スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mitsuo383

Author:mitsuo383
茨木市議会議員。
4期。

林英臣政経塾 塾頭

自民党茨木市支部幹事長

1971年4月11日生。
亥年。
AB型。
おひつじ座。
男。

twitter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR