FC2ブログ

独立した作品ではない「美術作品」のおはなし

本日は京都芸術センターへ。

ユーディット・ゼングさん(ドイツ)

谷中佑輔さん(日本)

お二人のアーティストトーク。そして、作品と共に行うパフォーマンスを観覧。


下記参照

京都芸術センター


作品を見るとは。。。
一般的には、アーティストが作品を作って、それを鑑賞するというものですが、、、

本日の作品は
「物質」と「人間の身体」が適度に関わって、結果生まれてきた物質もそのプロセス全体も作品というものです。
(うーん、分かりにくいかなあ)

まあ、政治に例えて言う
議会で複数人の政治家が、それぞれの思惑をもって適度に動いて、結果「条例」など物質(文字が書かれた紙)が生まれると想定した場合

一般的なアートの考え方では、結果的に生まれた「条例」(文字に書かれた紙)が作品ですが

本日の作品の考え方では、それぞれ思惑を持った政治家の動き全体も含めて作品だという見方かと思いました。

まあ、政治家として条例案などを議決(創り上げる)する場合、出来上がった結果が注目されるものではあるが、
実は、その過程の「思惑を持った政治家」の動きも含めて、条例の本質だと見ていただく方が、選挙の時、誰を選ぶかの判断材料としては適切だと思うのです。


この作品をみると

結果だけではなくプロセス全体も含めて見るということに価値があると思わせるのです。

さて、
本日の作品にもどって

要するに、物質的な作品だけではなく、そこに人間の身体(アクションというかパフォーマンスというか)が入ると、物質の意味が変わるというか、物質の意義がより鮮明になるというか、物質の力が増すというかそんな感じなんです。
(うーん。分かりにくいかなあ)

まあ、結論としては、新しいものの見方ができて面白い!!
ということです。

本日の感想でした。
スポンサーサイト



コメント

No title

①大阪府茨木市西福井3丁目25-40の花王株式会社化学品倉庫で、日中に大きな騒音を立てながら機械を稼働させており(たとえば7月11日の10時半、13日の10時半ごろ、14日10時頃以後、21日9時以後、24日朝9時以後、25日朝9時以後、7月31日9時以後、8月1日9時以後)近所の住民は、大音量の騒音で迷惑を被っている。加えて、上空を航空機が通る時に出る轟音のような、大騒音をこの倉庫内の機械が頻繁に出す。近隣住民は、日本国憲法で保証された国民の基本的人権が侵害されている。また近隣住民に心的苦痛を及ぼしており、刑事法に問われる事態である。あまりに大きな騒音であるため、窓を開けることができない状態である。この会社が二度と騒音を出さないよう議会で取り上げてもらえませんか。
②茨木市西福井3丁目24-13のコスモグリーンが事業所で機械を稼働させ、「毎日」非常に大きな騒音を立てている(例として5月19日12時半、6月13日11時半、6月26日8時半、27日11時、7月1日11時、2日10時40分、7月3日9時、7月6日10時15分から、7月7日10時15分から、20日8時半から、21日10時半以後、22日10時半以後、24日朝7時半という早朝や9時、8月1日9時前から)。
早朝から10年以上大騒音を出し続け、何の対策も取らず、何度も苦情を届けているが、騒音を出す機械を使用し続けており、改善させる気配もない。近隣住民は、日本国憲法で保証された国民の基本的人権が侵害されている。また近隣住民に心的苦痛を及ぼしており、刑事法に問われる事態である。あまりに大きな騒音であるため、窓を開けることができない状態である。
 この会社が二度と騒音を出さないよう議会で取り上げてもらえませんか。
非公開コメント

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

mitsuo383

Author:mitsuo383
茨木市議会議員。
4期。

林英臣政経塾 塾頭

自民党茨木市支部幹事長

1971年4月11日生。
亥年。
AB型。
おひつじ座。
男。

twitter

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR